合わせ酢を作りましょう

お酢の美味しい食べ方のひとつに「合せ酢」があります。 どのような料理にも合いやすい、美味しいタレになりますので、作り方を知っておきましょう。 最もポピュラーな合わせ酢が「三杯酢」です。 三杯酢はお酢と醤油、砂糖を合わせて作ります。 それぞれの分量は好みによって変える事ができ、酸っぱい三杯酢が好きな人はお酢を多めにすると良いでしょう。 さらにカツオや昆布から取った出汁を加えると、旨みが増して美味しくなります。 万能のタレとしておすすめできます。 三杯酢から砂糖を抜いたのが「二杯酢」です。 三杯酢よりもコクがなくなりますが、スッキリとした仕上がりになります。 素材の味がしっかりしている時は、三杯酢よりも二倍酢の方が、素材の味が引き立ちます。 お寿司のご飯といえば酢飯ですが、酢飯を作る時に用意するのが「すし酢」です。 お酢と砂糖、さらに塩を少し混ぜて作ります。 炊き立てのご飯に、少しずつすし酢を流し込み、しゃもじでご飯を切りながら混ぜていきます。 寿司酢を混ぜ終わったご飯は、うちわなどであおいで風を送ります。 酢飯がべちゃべちゃにならないように気をつけましょう。